FC2ブログ

帆船のお話

ちょっとした昔話を…

黒い砂漠を始めて半年経ったころ…去年の10月くらいですかね、まだ安定した金策が自分の中で確立してなかったころ…(大砲の玉作ったり作物箱詰めしたり貿易したり等々、まだギルドにも入ってなかった時でしたね)
当時の自分はいったい何を血迷ったのか、いきなりあることを思いつくわけであります。

そうだ、帆船を作ろう。

エフェリア帆船…。もうその時には確か護衛船も実装されていたような気もしますが素材集めも作り方も作った後何に使用するかも分からない初心者だったのですが、興味本位というか好奇心というか…。いきなり帆船作りを開始したわけです。これが茨の道の始まり。

2017-10-19_580428437.jpg

素材を集めていくたびにその膨大な必要資材の量に圧倒されます。丸太を見るのも嫌になってきました。さらに言えば現実世界でも木が群生しているところを見ると「切らなきゃ…切らなきゃ…」とブツブツ呪文を唱えだす始末。お薬出しておきますね。

途中放置とかもあったけど何とか必要な資材を集め終わった去年12月の頭、労働者に加工を丸投げお任せして大洋への思いをはせるわけです。クリスマス辺りには海に出られるかな~楽しみだな~とか思いながら。
んで、ここで問題発生。
なんと!帆船作成の仕様をよくわかっていなかったのです!ほかの道具とかと同じで1回の作業だけで終わると思ってたのです。
まさか素材ごとに、数回に分けて作業してようやく完成する仕様だったなんて!!
その仕様に気づいたときはもうすでに時遅し、思わず画面に向かって奇声をあげた覚えがあります。

このときから自分の中で黒い砂漠というゲームは「放置した方が色々と有利」から「放置しないとどうしようもない」ものへとイメージが大きく変わったわけであります。やったね☆電気代返せ。

とりあえず年末までに完成すれば…と年末に方向転換をするというブラック企業もはだしで逃げだすほどのブラックぶり。相手が画面の向こう側の仮想の存在だからいい訳です、現実にやったら殺されます。

2017-12-31_312230029.jpg
そしてついに!大晦日にわがもふもふ丸は産声を上げるわけであります!!!長かった…いやはや恐ろしい道のりだった…と色々な感情が込み上げていたのでした…。

そして話は今に戻る

帆船の青装備作りましょうよ。と思い立ったわけです。
理由は簡単、今の帆船が遅いから。ガレー船の速さを覚えるとダメですね…。
素材を見るだけでも眩暈がします。というか見たことのないものばかりです。
「にかわってなんだよ!!」←実際に叫んだ言葉

2018-07-23_425648815.jpg

で、どうにか装甲を青装備に出来たわけです。にかわとヤシの木合板さえどうにかなればどうとでもなりますね。装甲が黒に、かっこいい!

2018-07-24_540528129.jpg
2018-07-25_585172170.jpg

そして今は飛竜船首像作成に向けて素材集めです。というか↑の黄金真珠が手に入ったのであとは図面をそろえるだけです。
始めてみると意外とどうにかなるものですね。帆船作りの時にメンタルが鍛えられたのかだいぶ楽に感じます。というか楽しい。
黒い砂漠にいい意味でも悪い意味でも染まってきたという事でしょうか。

…え?えふぇりあごえいせん…?なにそれおいしいの?

ではまた。オーシャンストーカーとヘカルとキャッキャウフフしてきます。

・・・。

というかドリガン実装じゃないか!!!!(今更かよ!!!!)
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ